数多くあるテレビアンテナ【種類ごとのデザインと性能】

アンテナトラブルへの対処法【アンテナ破損は波紋の業者にお任せ】

設置するアンテナには種類がある~要望にあったものを見つけよう~

作業員

意外にもテレビアンテナには、多くの種類が存在します。種類ごとに電波の受信強度が異なるほか、デザイン面や受信する電波なども異なるのです。どのような種類のアンテナを設置するかは、施工を行なう電気工事業者に相談して決めましょう。

テレビアンテナには種類があった

UHFアンテナ
UHFアンテナのUHFとは「ウルトラハイフリクエンシー」の略であり、その名前通り、300MHzから3GHzの極超短波と呼ばれる電波を受信できるアンテナです。現在主流となっている地デジを受信するには、このUHFアンテナの設置が不可欠となります。
VHFアンテナ
VHFアンテナは、30MHzから300MHzの範囲の電波を受信できるアンテナです。VHFとは「ベリーハイフリクエンシー」の略であり、この名前どおり超短波の電波を受信するためのアンテナです。一昔前では主流のアンテナでしたが、放送が地デジへ移行したことにより、現在ではほとんど使用されることがありません。

台風などの災害でも折れる心配がない~設置する個所を変えてみる~

テレビアンテナ設置場所を変える

屋根裏にアンテナ
サイズの小さいアンテナであれば、屋根裏に設置をすることも可能です。通常のアンテナとは違い、屋内に設置をすることで、台風を始めさまざまな自然災害からの影響を防ぐことができるのです。また、屋根裏に設置をすることで建物の景観をよくすることもできるので、景観がどうしても気になるという人も屋根裏アンテナを設置することがあります。
壁面に取り付けるアンテナ
壁面に取り付けるタイプのアンテナを、デザインアンテナといいます。薄いパネル状の見た目であるため、壁面に設置をしても建物の外観が損なわれません。また、外壁にネジでしっかりと固定するため、雪や台風といった自然災害にも強いなど、さまざまなメリットが存在します。

通常のアンテナとの違いは?

屋根裏など、屋内に設置をするアンテナは、主にデザインアンテナなどの薄く小型なテレビアンテナとなります。屋内に設置をしても邪魔にならず、設置も簡単なので、手軽に電気工事業者などに設置してもらうことができるでしょう。

TOPボタン